【アカナレビュー】ラブラドールに最適な4つのシリーズを徹底解説

おすすめフード
この記事は約17分で読めます。
悩んでる人
悩んでる人

アカナってラブラドールにいいの?
実際どんなのがあるの?
でも、高いのはたかいんじゃないの?

この記事はアカナの全シリーズの良さについてアカナクラシック歴1年以上のわたしが解説します。

VIVIPAPAについて

✔ ラブラドールレトリバーVIVI(2019年12月生まれ)と生活中
✔ ドッグフードの勉強をしたくて「犬の管理栄養士」の資格を取得
✔ 愛犬VIVIができ限りながく生きられるように日々勉強中

アカナはカナダにあるメーカー「チャンピオンフーズ」のドッグフードです。

姉妹品として『オリジン』があります。

結論『メーカーアカナはラブラドールに最適なドッグフード』です。

VIVIPAPA
VIVIPAPA

いわゆるプレミアムドッグフードと変わらない原材料を使っています。

MAMA
MAMA

品質が良い。いろんな種類のフードがあります。

そういえば、どんなところがラブラドール向きなの?

アカナがラブラドールにあっている5つの理由
  •  大量に食べるラブラドールでもこの品質で1ヵ月10,000円程度とコスパ最高
  •  原材料も詳しく書かれているので、わかりやすいので安心
  •  添加物も用途名が記載されているので安心
  •  粒の大きさが大型犬にも食べ応えのあるサイズだから
  •  体重25㎏で1ヵ月で食べ切れるサイズ11.4㎏やそれ以上の17㎏という大型犬用サイズがあるから大型犬には最適

また、クラシックシリーズならペットゴーが最安です。ペットゴーなら、アカナクラシックシリーズが11.4㎏で税込み8,250円です。

その他にもペットゴーにはポイントアップデーなどさらに安くなるイベントも盛りだくさんです。

VIVI
VIVI

VIVIもアカナクラシック大好きだよー 

アカナはほかにもおいしそうなのがたくさんあるから

パパやママに相談してみてねー

アカナクラシックは、ブリーダーでも使っている良質なドッグフードです。

アカナ 4つのシリーズ 

アカナ ホームページ

アカナは、クラッシクシリーズを初め4つのシリーズがあります。

それぞれ特徴があるので、ホームページに記載されている簡易的な特徴は以下の通りです。

アカナクラシ 信頼できる品質の特別な価値のフード
アカナヘリテージ 私達(チャンピオンフーズ)の25年に渡るヘリテージ(伝統)
アカナシングル 選り好みする犬のためのBIOLOGICALLY APPROPRIATE生物学的に適正なフード
アカナレジオナル 私たちの地元。私たちのインスピレーション
アカナ 4つのシリーズ

この4つのシリーズの商品を以下の基準で点数をつけていきたいと思います。

評価基準評価基準の内容
コスパ25㎏の愛犬が1ヵ月に食べる金額で比較
8,000円以下⇒◎・10,000円以内⇒〇・15,000円以内⇒△
20,000円以内⇒×・20,000円以上⇒ -
原材料の安全性原材料に「○○等」とか複合的な表示がない
表記なし⇒ ◎・表記1つ⇒ 〇・表記2つ⇒△・表記3つ⇒×・表記4つ以上⇒ -
添加物の表示方法添加物に用途名が併記されおり、且つ栄養添加物以外天然系の添加物のみ
すべてOK⇒◎・ほぼOK⇒〇・1部のみOK⇒△・併記なし、天然系のみ⇒×・ 併記なし、天然系以外使用⇒-
粒の大きさと
ラインナップ
ラブラドールに適した粒感と25㎏のラブラドールが1ヵ月で食べ切れる量(10㎏)がある
中粒以上、10㎏がある⇒◎・中粒以上、7㎏以上がある⇒〇・中粒以上、7㎏以下しかない⇒△・中粒以下、7㎏以上がある⇒×・中粒以下、7㎏以下しかない⇒ ー
VIVIPAPAドッグフード評価基準

総合評価は◎⇒25点、〇⇒20点、△⇒15点、×⇒10点、ー⇒5点で計算し、4項目で100点満点としております。

このような基準で評価しています。もちろんこの評価がすべてではありません。

VIVIPAPAとして試行錯誤を重ねた結果このような基準となりました。

一番よいのは、あなたもこのような独自の基準を作ることです。この基準はわたしがドッグフードを判断するための基準です。

もしあなたのドッグフード選びの一助となれれば幸いです。

アカナ クラシックシリーズの特徴 

トランペッツホームページ

アカナクラシックシリーズは、リーズナブルな商品となっております。動物性たんぱく質も豊富に入っています。アカナをはじめるのに最適なドッグフードと言っても過言ではないでしょう。

アカナ クラシックシリーズ

【 総合評価 】

名称合計体重25㎏の
愛犬のコスパ
原材料の安全性添加物の表示方法粒の大きさ
ラインナップ
クラシックレッド95点
ワイルドコースト95点
プレーリーポールトリー95点
クラシックシリーズ 評価

【 商品概要 まとめ 】

名称タイプ先頭表示肉使用率タンパク質添加物エネルギー
クラシック
レッド
全犬種・全ライフ
ステージ用
ラム肉ミール50%29%ビタミンE、D3、B5、
コリン、亜鉛、銅
349.3
ワイルド
コースト
全犬種・全ライフ
ステージ用
ニシンミール50%29%ビタミンE、D3、B5、
コリン、亜鉛、銅
349.3
プレーリー
ポールトリー
全犬種・全ライフ
ステージ用
鶏肉ミール50%29%ビタミンE、D3、B5、
コリン、亜鉛、銅
349.3
アカナ クラシックシリーズ 概要まとめ

【 総評 】

アカナ クラシックシリーズはコスパが良い商品です。先頭表示は乾燥原材料のラム肉ミールなどとなっていますが、新鮮な原材料も併せて使っているので、安心安全です。
コスパ良くラブラドール(大型犬)に食べさせたいのであれば、アカナ クラシックシリーズ一択です。

VIVIPAPA
VIVIPAPA

コスパ最高なので、まずアカナを試したい方はクラシックシリーズで

試してみるのがおすすめです。

アカナ ヘリテージシリーズの特徴

アカナ ホームページ

ヘリテージシリーズはそれぞれのライフステージ・サイズに合わせたラインナップになっており、全部で9種類あります。

アカナ ヘリテージシリーズ

【 総合評価 】

名称総合評価体重25㎏の
愛犬のコスパ
原材料の
安全性
添加物の
表示方法
粒の大きさ
ラインナップ
パピー・スモール
・ブリード
90点
パピー&ジュニア 90点
パピー・ラージ
・ブリード
90点
アダルト・スモール
・ブリード
90点
アダルト・ドッグ 90点
アダルト・ラージ・ブリード 90点
スポーツ&アジリティ 90点
ライト&フィット 90点
シニア・ドッグ 90点
アカナ ヘリテージシリーズ 総合評価

【 商品概要 まとめ 】

名称タイプ先頭表示肉使用率タンパク質添加物エネルギー
パピー・スモール・ブリード成犬時の体重が最大9KG
までの小型犬子犬用
鶏肉70%33%亜鉛366kcal
パピー&ジュニア成犬時の体重が9~25KG
になる中型犬子犬用
鶏肉70%33%亜鉛366kcal
パピー・ラージ・ブリード成犬時の体重が25KG以上
になる大型犬子犬用
鶏肉70%33%亜鉛337.5kcal
アダルト・スモール・ブリード1歳以上の全小型犬成犬用鶏肉60%31%亜鉛351kcal
アダルト・ドッグ全犬種・全ライフ
ステージ用
鶏肉60%29%亜鉛351kcal
アダルト・ラージ・ブリード体重が25㎏以上の
大型犬成犬用
鶏肉60%31%亜鉛337.5kcal
スポーツ&アジリティ非常に活発な犬用鶏肉75%35%亜鉛372.5kcal
ライト&フィット1歳以上の全犬種用鶏肉65%35%亜鉛307kcal
シニア・ドッグ7歳以上の全犬種用鶏肉65%33%亜鉛332.5kcal
アカナ ヘリテージ

【 総評 】

ヘリテージ(伝統)というだけあって、肉の使用率とタンパク質の量は他のものよりも高くなっております。また、ビタミン・ミネラルの添加物も亜鉛のみで、添加物を愛犬にできるだけ食べさせたくない方には最適です。ライフステージや愛犬の大きさに合わせて選べるのもよいですね。

VIVIPAPA
VIVIPAPA

アカナクラッシクよりも高いです。

値段は平行輸入品で11.4㎏で12,000円弱です。Amazonで買えます。

アカナ シングルシリーズの特徴

アカナ シングルシリーズ

アカナ シングルシリーズは単一のタンパク源のドッグフードです。アレルギーがある子にはうれしいですね。

でも、アレルギーのある子は病院で検査して、アレルギー物質の特定を急ぎましょう。そして、ほかの原材料もみてアレルギーがないかしっかり確認しましょう!

アカナ シングルシリーズ

【 総合評価 】

名称総合評価体重25㎏の
愛犬のコスパ
原材料の
安全性
添加物の
表示方法
粒の大きさ
ラインナップ
グラスフェッド
ラム
90点
フリーラン
ダック
90点
ヨークシャー
ポーク
90点
パシフィック
ピルチャード
90点
アカナ シングルシリーズ 総合評価

【 商品概要 まとめ 】

名称             タイプ             先頭表示肉使用率タンパク質   添加物   エネルギー      
グラスフェッド
ラム
全犬種・全ライフ
ステージ用
ラム肉50%31%ビタミンD3、E、亜鉛、銅339.3kcal
フリーラン
ダック
全犬種・全ライフ
ステージ用
鴨肉50%31%ビタミンE、亜鉛、銅339.3kcal
ヨークシャー
ポーク
全犬種・全ライフ
ステージ用
豚肉50%31%ビタミンD3、E、亜鉛、銅339.3kcal
パシフィック
ピルチャード
全犬種・全ライフ
ステージ用
イワシ50%31%ビタミンE、亜鉛、銅339.3kcal
ACANA シングル シリーズ 商品概要 まとめ

【 総評 】

アカナ シングルシリーズはアレルギーのある愛犬用に単一の動物性たんぱく質で作られています。
単一の動物性たんぱくは、グラスフェッドラムはニュージーランド産ラム肉、フリーランダックはオンタリオ州産鴨肉、ヨークシャーポークはアルバータ州産豚肉、パシフィックピルチャードはバンクーバー島イワシがそれぞれに使われています。

VIVIPAPA
VIVIPAPA

アカナクラッシクよりも高いです。値段は11.4㎏で13,000円くらいです。

特定のアレルギーがある愛犬には、シングルシリーズがおすすめです。

でも、豆類にアレルギーがある子はおそらくダメでしょう。

エンドウ豆など数種類の豆が入っています。

アレルギーの場合何が原因なのかはきちんと病院で調べてもらいましょう!

アカナ レジオナルシリーズの特徴

アカナ ホームページ

肉の使用量が70%とシリーズの中でも一番高くなっております。また、すべてに魚が使われていることも特徴と言えるでしょう。

アカナ レジオナルシリーズ

【 総合評価 】

名称総合評価体重25㎏の
愛犬のコスパ
原材料の
安全性
添加物の
表示方法
粒の大きさ
ラインナップ
ワイルド
プレーリー
90点
パシフィカ90点
グラスランド90点
ランチランド90点
アカナ レジオナルシリーズ 総合評価

【 商品概要 まとめ 】

名称タイプ先頭表示肉使用率タンパク質添加物エネルギー
ワイルド
プレーリー
全犬種・全ライフステージ
/子犬から高齢犬まで
鶏肉70%35%ビタミンE、
亜鉛、銅
385kcal
パシフィカ全犬種・全ライフステージ
/子犬から高齢犬まで
ニシン70%35%ビタミンE、
亜鉛、銅
385kcal
グラスランド全犬種・全ライフステージ
/子犬から高齢犬まで
ラム肉70%35%ビタミンE、
亜鉛、銅
381kcal
ランチランド全犬種・全ライフステージ
/子犬から高齢犬まで
牛肉70%35%ビタミンE、
亜鉛、銅
379kcal
アカナ レジオナルシリーズ 商品概要 まとめ

【 総評 】

地元の材料を使った信頼できるフードです。原材料が違うので、肉の使用比率が70%となっております。また、添加物も3種類しか入っていないので、添加物を少なくした方には最適なフードです。
他のアカナよりも10%程度カロリーが高めなので、与えるときに与えすぎないように注意が必要です。

VIVIPAPA
VIVIPAPA

運動量が豊富な愛犬に向いているフードです。

肉をたくさん食べさせたい方には最適なフードです。

ほぼ肉と言っても過言ではない肉使用率です。

4つのシリーズのそれぞれの特徴は以上の通りです。

アカナ メーカーとしてのこだわり

アカナ 3つのこだわり
  •  BIOLOGICALLY APPROPRIATE
  •  地元産の新鮮な原材料
  •  他社に製造を任せない

それぞれのこだわりについてみてみましょう!

BIOLOGICALLY APPROPRIATE
犬が食べるよう進化してきた食事を再現した、新しいかたちの肉ベースのフード

英語なので一見わかりにくいですが、直訳すると「生物的に適切な」といことなので、「犬の本来の」フードという意味でしょう。

アカナは犬の先祖のハイイロオオカミと同じような食生活ができるような配合でドッグフードを作っています。

でも、本来のオオカミと同じ食生活と考えると同じものを食べさせていないで、フードローテーションがおすすめです。

地元産の新鮮な原材料
私達が愛する原材料、私達が信頼する人達

原材料は地元産にこだわっており、カナダ西部の自然から取れたものを原材料として使用しています。

原材料の表示方法もできる限り消費者にわかりやすくするために以下のルールに基づいて記載しているそうです。

新鮮肉と生肉、アカナのやり方
自由な原材料表記が許されているペットフード業界において、ペットを愛する人達に対して原材料をはっきりさせることはとても重要だと私達は感じています。私達が「新鮮」という言葉を使う時、それは真の新鮮を意味します。私達は新鮮あるいは生を次のように定義しています。
新鮮:私達の新鮮な原材料はAFFCO基準に見合っています:冷蔵のみが唯一の保存方法です。
:AFFCOにはいくつかの生の定義がありますが、そのうち私達が使用しているのは1つだけです;私達の生原材料は新鮮な原材料と同じです。唯一の違いは、生原材料は冷凍されていることです。

アカナ サイト
VIVIPAPA
VIVIPAPA

長々と書いてありますが、アカナで使用している肉や魚は「新鮮」と書いてあれば、冷蔵保存した原材料で、「生」と書いてあれば、冷凍した原材料だということです。

他のメーカーでは、違うところもあるようですが、要するに、「アカナが使う肉や魚は新鮮で安心安全です」ということです

他社に製造を任せない
数々の賞を受賞しているフード、数々の賞を受賞している自社キッチン

自社の工場を持つのは初期投資はかかりますが、製造業の本来の姿だと思います。

ペットフードの殆どがマーケティング会社によって経営されていることをご存知ですか?
現在、ペットフードの殆どは、キッチンを持たず、製造もしないマーケティング会社が所有しています。

アカナ サイト

日本にもマーケティング会社のペットフードがたくさん売られています。代表例は「モグワン」ですね。

でも、マーケティング会社が一概に悪いわけではありません。重要なのは、しっかり管理されているかです。

いろんな情報を調べて安心できるメーカーのドッグフードを買うようにしましょう。

その点、自社工場で製造しているアカナは信頼度としては満点と言ってよいでしょう。

姉妹ブランド「オリジン」とは

オリジン サイトトップページ

オリジンはアカナと同じチャンピオンペットフーズが作っているドッグフードです。

簡単に説明すると、アカナより値段が高いのがオリジンです。理由は肉の使用率がアカナより高く、85%となっております。

ドライドッグフードは、以下の8種類のみを扱っています。

  • PUPPY     ・・・パピー用のフード
  • PUPPY LARGE  ・・・大型犬パピー用フード
  • ORIGINAL   ・・・一番一般的なフード(オリジナル)
  • SIX FISH    ・・・6種類の魚をつかったフード
  • REGIONAL RED ・・・アンガスビーフや猪などが入ったフード
  • TUNDRA     ・・・ヤギや猪やイワナが入ったフード
  • FIT & TRIM   ・・・ダイエット用のフード
  • SENIOR     ・・・シニア犬用のフード

肉類の含有量が多いので、全体的にカロリーは高めです。「FIT & TRIM」でさえ、350kcalです。

他のフードだと、350kcalが通常のカロリーでカロリーオフしたものは、300kcal前後のものが多いです。

そのほか、こだわりの部分はアカナと全く同じです。

アカナの選び方

ラブラドールに絞った商品での表を作成しました。これらの項目から、あなたが食べさせたいもの、価格などで、選んでみてはいかがでしょうか。

名称体重25㎏
の愛犬の
ご飯代/月
先頭表示肉使用率タンパク質添加物エネルギー
パピー・ラージ
・ブリード
12,429円鶏肉70%33%亜鉛337.5kcal
アダルト・ラージ
・ブリード
12,429円鶏肉60%31%亜鉛337.5kcal
スポーツ&
アジリティ
12,429円鶏肉75%35%亜鉛372.5kcal
ライト&
フィット
14,474円鶏肉65%35%亜鉛307kcal
シニア・
ドッグ
12,429円鶏肉65%33%亜鉛332.5kcal
クラシックレッド9,174円ラム肉ミール50%29%ビタミンE、D3、B5、
コリン、亜鉛、銅
349.3kcal
ワイルドコースト9,174円ニシンミール50%29%ビタミンE、D3、B5、
コリン、亜鉛、銅
349.3kcal
プレーリー
ポールトリー
8,562円鶏肉ミール50%29%ビタミンE、D3、B5、
コリン、亜鉛、銅
349.3kcal
ワイルド
プレーリー
12,651円鶏肉70%35%ビタミンE、亜鉛、銅385kcal
パシフィカ13,365円ニシン70%35%ビタミンE、亜鉛、銅385kcal
グラスランド13,365円ラム肉70%35%ビタミンE、亜鉛、銅381kcal
ランチランド13,365円牛肉70%35%ビタミンE、亜鉛、銅379kcal
グラスフェッド
ラム
13,365円ラム肉50%31%ビタミンD3、E、亜鉛、銅339.3kcal
フリーランダック13,365円鴨肉50%31%ビタミンE、亜鉛、銅339.3kcal
ヨークシャーポーク12,651円豚肉50%31%ビタミンD3、E、亜鉛、銅339.3kcal
パシフィック
ピルチャード
12,651円イワシ50%31%ビタミンE、亜鉛、銅339.3kcal
アカナ 商品比較表(大型犬用)
VIVIPAPA
VIVIPAPA

価格で選ぶなら、クラシックシリーズ一択です。それ以外は、食べさせたい食材、添加物の種類などで、あなたの希望するものを選べば問題ないです。

しかし、一番重要なのは、愛犬が気に入るかどうかです。

アカナ クラシックシリーズを買うならペットゴーで

アカナクラシックシリーズを購入するのであれば、ペットゴーが最安値です。

ペットゴーにはポイントアップデーなどさらに安くなるイベントも盛りだくさんです。

他で買うと1,000円くらい高くなるので、気をつけてください。

でも、注意点が一点あります。ペットゴーの自社サイトの送料無料ラインは10,000円です。10,000円いかないと送料591円取られます。

送料をとられても、ほかよりも安いです。

アカナ ドッグフード メーカーレビュー : まとめ

  •  アカナには4つのシリーズがあり、それぞれに特徴がある
  •  添加物が比較的少ない(ヘリテージシリーズ「亜鉛」のみ)
  •  自社工場のみで、工場の近くの食材を使用して作っている

アカナの全種類のドッグフード見てきました。どれも品質が良く、安心安全でした。

アカナのいろんなシリーズでフードローテーションしてみてはいかがでしょうか。

【アカナクラシックレビュー】ラブラドールに最高コスパフード

タイトルとURLをコピーしました