『犬のための家庭の医学』紹介|しつけとトレーニングの違いがわかる本

愛犬おすすめグッズ
この記事は約8分で読めます。
悩んでいる人
悩んでいる人

『犬のための家庭の医学』って本があるけど、何が書いてあるの?

実際読んだ方がいいの? 

1,760円するけど、その価値あるの?

本日はそんな疑問にお答えいたします。

VIVIPAPA
VIVIPAPA

犬の本は読んだことないから・・・

そういう方多いと思います。実際私も犬の本はあまり読んだことはありません。

MAMA
MAMA

どんなことが書いてあるかわからない本に2,000円近く出すのは難しいよ。

VIVIPAPA
VIVIPAPA

そうだよね。2,000円あったら、ランチ行けちゃうからね。

『犬のための家庭の医学』は、「しつけとトレーニングの違い」について教えてくれる本です

『犬のための家庭の医学』 曰く、「しつけ」と「トレーニング」は、違うということです。

では、どのように違うのでしょうか。

しつけとは、指示がなくても犬みずから従属的な行動をとれるように教えること。これに対して訓練(トーニング)とは、指示通りに行動するように教えること。しつけができてこそ、トレーニングが可能になると言われています。

『犬のための家庭の医学』 P.88 しつけとトレーニングの違い

つまり、自らできるようにすることが「しつけ」で、人間が指示を出せばできるようにすることが「トレーニング」なのですね。

VIVIPAPA
VIVIPAPA

この本には、このように「確かに言われてみれば、そうだけど・・・」

ということがたくさん詰まってます。

その他にはどんなことが書いてあるの?

VIVIPAPA
VIVIPAPA

『犬のための家庭の医学』 は、犬と暮らしていく最善の方法を探している人や

犬との生活をより良くしたい人向けの本です。

また、獣医さんが書いていて、2019年12月に出ているので、最新の情報です。

『犬のための家庭の医学』 は 、Kindle Unlimitedで読めます。

今なら、 Kindle Unlimited を30日間無料体験できます

実は、VIVIPAPAもKindle Unlimitedで読みました。

犬が大好きで、犬とより深く理解しあいたい人におすすめの本です。

『犬のための家庭の医学』は、人間の「家庭の医学」同様、1家に1冊あるべき必携本です

それでは、もう少し詳しく本の内容を見ていきましょう。

『犬のための家庭の医学』はどんな本?

先ほども言いましたが、1冊持っておくと安心の1家に1冊あるべき必携本です。

それは、犬と暮らしていく上での知識が網羅されているからです。

生活編では「はうすかいてき」で犬の健康寿命を延ばすための7つの約束を表現。

健康編では「いぬもあるけば」で病気の早期発見につながる7つの約束を表現。

「はうすかいてき」と「いぬもあるけば」で犬の健康長寿を目指します。

生活編「はうすかいてき」  犬の健康長寿を伸ばすための7つの約束

Amazon 出版社より

生活編 「はうすかいてき」 犬の健康長寿を伸ばすための7つの約束
は・・・ハートの落ち着きが大事
う・・・運動して体力と筋肉をつける
す・・・睡眠でからだをゆっくり休ませる
か・・・快感を味わってストレスのない暮らし
い・・・居場所を作ろう
て・・・手触りをキープする
き・・・QOL(クオリティーオブライフ)で生きがいを

Amazon 出版社より

Part1 食のケア
Part2 こころのケア
Part3 必要な遊びと運動
Part4 快適な住まいづくり
Part5 健康に必要なしつけとトレーンング
Part6 美しさを保つ

Amazon 出版社より

適度な運動と適度な睡眠。ストレスのない生活。人間にも必要な気がしますが、犬も一緒なのですね。

健康編「いぬもあるけば」 病気の早期発見につながる7つの約束

健康編「いぬもあるけば」 病気の早期発見につながる7つの約束
い・・・いつもと違うにいち早く気付こう
ぬ・・・ぬれ鼻は健康の証
も・・・もっと食べたいがふつう
あ・・・アイコンタクトでこころとからだの異変を知る
る・・・ルーツを知って予防医学
け・・・検便・検尿は日々の飼い主の仕事
ば・・・バランスを触って確認

Amazon 出版社より

Part1 健康管理と病気の予防
Part2 見た目の様子をチェック
Part3 行動としぐさのチェック
Part4 こころの病にさせないために
Part5 高齢期のケア

Amazon 出版社より

早期へ発見で病気の予防。いつも気にしてあげることで、犬の健康を維持することが出来ます。

『犬のための家庭の医学』はどんな人が書いた本なの?

『犬のための家庭の医学』は、野澤 延行という獣医さんが書いております。

動物・野澤クリニックの院長さんです。

公益社団法人東京都獣医師会倫理委員会の委員であり、獣医心理学研究会の会員でもあります。

野良猫問題や保護犬の治療・譲渡に取り組んでおります。

その他の著書として、『猫のための 家庭の医学』『猫と暮らせば』『獣医さんが出会った愛を教えてくれる犬と幸せを運んでくれる猫』などを書いております。

著書を拝見すると犬や猫に対する愛を感じる獣医さんです。

『犬のための家庭の医学』目次

プロローグ
I生活編 「犬の健康寿命を延ばすための7つの約束 はうすかいてき」
Part1 食のケア
Part2 こころのケア
Part3 必要な遊びと運動
Part4 快適な住まいづくり
Part5 健康に必要なしつけとトレーンング
Part6 美しさを保つ
II健康編 「病気の早期発見につながる7つの約束 いぬもあるけば」
Part1 健康管理と病気の予防
Part2 見た目の様子をチェック
Part3 行動としぐさのチェック
Part4 こころの病にさせないために
Part5 高齢期のケア
索引

Amazon 出版社より

途中途中に『いぬ先生のお悩み相談室1~3』があり、犬目線で犬の行動や気持ちをおもしろおかしく紹介してくれています。

その他『Inumedical na OHANASHI』で水の重要性や犬がどうして噛むのかについて解説してくれております。

もちろん、基本となるドッグフードの選び方や散歩やどのような環境を用意するのがよいのか。

しつけやトレーニング・お風呂や犬のケアについても詳しく書いてあります。

『犬のための家庭の医学』はどんな人向けの本なの?

犬を飼うすべての人に読んでもらいたい本です。

特におすすめな方はこのような方です。

『犬のための家庭の医学』が特におすすめな方

✔ 愛犬を飼い始めたばかりの人
✔ 愛犬2頭目を飼ってみたけど、1頭目と性格がまるっきり違ってる人
✔ 愛犬とより仲良くなりたい人

VIVIPAPAの場合、2番目の理由が当てはまりました。

先代ロックはおとなしい性格で、静かに淡々と日々を過ごしていました。

しかし、ビビは好奇心旺盛でビビりです。(笑)

そんなビビとどう付き合っていくべきか。

『犬のための家庭の医学』では、日々のスキンシップで愛犬のいつもの状態を知ることが重要。

すこしでもおかしい場合は、すぐ病院に駆けつけることが愛犬の長寿の秘訣と学びました。

『犬のための家庭の医学』のレビュー

では、実際読んだ人はどのように感じているのでしょうか。

Amazonでのレビュー

Amazonでの評価は、2021年8月に調べたところ51件で、4.3です。

上位の肯定的なレビューは以下の通りです。

Amazonレビュー

上位の批判的なレビューは以下の通りです。

しかし、全く批判的な内容ではありません。★が3つで評価が低い方なので、批判的となったようです。

Amazonレビュー

ツイッターでのレビュー

「せーや」さんのツイート
京都の三条大橋のそばで器と本をあつかう小さな店『nowaki』さんのツイート

『犬のための家庭の医学』まとめ

一家に一冊あるととても便利な本です。

犬を飼うことについて何か迷ったら、この本を見ればほぼ全ての疑問が解決するでしょう。

その意味において一家に一冊あると便利と言っております。

『犬のための家庭の医学』 は 、Kindle Unlimitedでも読めます。

今なら、 Kindle Unlimited を30日間無料体験できます。無料体験すれば無料で読めます。

実は、VIVIPAPAもKindle Unlimitedで読みました

犬が大好きで、犬とより深く理解しあいたい人におすすめの本です。

タイトルとURLをコピーしました