ペットホテルとペットシッターの違い|ホテル向きの人・シッター向きの人

愛犬おすすめグッズ
この記事は約7分で読めます。
悩んでいる人
悩んでいる人

ペットシッターって聞くけど、ペットホテルとどう違うの?
どっちを選べばいいの?
ペットホテルとペットシッターの違いを教えて

本記事はこのような悩みにお答えします。

MAMA
MAMA

ドッグシッターの方がよさそうなイメージがあるけど

実際どっちがいいの?

VIVIPAPA
VIVIPAPA

もちろんホテル・シッターそれぞれによさがあるよ。

でも、愛犬を一番に考えるのであれば、ペットシッターがおすすめです。

ペットシッターは鍵の問題や値段が高かったりというのがあるけどね。

MAMA
MAMA

そっか、確かにペットシッターなら家に来てもらうわけだから

鍵を預けなきゃいけないから、少し心配だよね。ちゃんとした人ならいいけど・・・

どうすればいいの?

VIVIPAPA
VIVIPAPA

この後、詳しく説明するけど、ホテルもシッター

信頼できるところを探すってのが一番重要だよ。

やっぱり、大切な愛犬を預けるから、事前確認が大切です。

ペットシッターは、正直値段は高いのですが、今後急に仕事が遅くなったり、旅行に行く機会があったりするかもしれません。

そんなときの保険のような意味あいとしても、何もない今のうちにペットシッターを選んでおきましょう。

ペットシッターなら、信頼できるペットシッター1位に選ばれた「オリーブシッター」がおすすめです。

\   ”無料カウンセリング” 期間限定キャンペーン中!!   /

ペットホテルとペットシッターの違い

それではまず、違いから見ていきましょう。

ペットホテルとは?

ペットホテルは、みなさんご存じの通りペットのためのホテルです。

ペットをホテルに連れていけば、ホテルに泊まらせてくれます。

最近では、送迎サービスを行っているところもあります。

空港の近くにあったり、動物病院、トリミングサロンがやっていることもあります。

ペットシッターとは?

ペットシッターは、ベビーシッターを想像するとわかりやすいと思います。

ペットシッターはベビーシッターのように家にシッターさんが来てくれて、ペットの世話をしてくれます

赤ちゃんと一緒でペットも自宅にいるので、ストレスがかからずに世話をすることが一番の利点です。

ペットホテル・ペットシッター比較表

ペットシッターペットホテル
サービス内容細かいリクエストに応えてくれる夜間も預かってくれる
運営個人が多い動物病院やトリミングサロン
送迎必要ない(自宅なので)自分で連れていく
対応できない
ペット
あまりない(ペットシッターによる)発情中、要介護、生後間もないペット
営業時間通常9時~20時
(割増で早朝夜間対応あり)
通常10時~19時
(店によって早朝夜間対応あり)
金額相場1時間 3,000円~5,000円1泊 3,000円~5,000円
ペットへの負担
ペットホテル・ペットシッター比較表
VIVIPAPA
VIVIPAPA

一番おおきな違いは、ペットホテルはペットホテルに行かなくてはなりませんが、

ペットシッターは基本は自宅に来てくれます。

ペットへの負担はペットシッターの方が少なくなります

MAMA
MAMA

値段はかなり高いけど、自宅で見てくれるなら、安心だね。

ペットホテル・ペットシッターのメリット・デメリット

ペットホテルとペットシッターのメリット・デメリット

メリットデメリット
ペット
ホテル
・預けている間はずっと見ていてくれる
動物病院が運営している場合緊急時も対応可能
・いろんなところにあるので、好みで選ぶことができる
他の動物の病気がうつったりやトラブルが起きる可能性がある
・自宅ではないので、ストレスを感じやすい愛犬はストレスを感じる
・営業時間内の送迎が必要となる
ペット
シッター
・自宅で見てくれるので、ペットのストレスが少ない
・シッターが自宅に来るので、時間的制約が少ない
他の動物との病気やトラブルの心配がない
シッターがいる間しか愛犬の様子がわからない
・病院と提携しているところが少ないので、緊急時の対応に不安が残る
・鍵を預ける必要があるので、鍵の紛失や貴重品の盗難の心配がある
ペットホテル・ペットシッターメリット・デメリット

ペットホテルの利点は、店舗数の多さと預けている間監視下にあるということです。

ペットシッターの利点は、個別に対応してくれることと自宅で対応できるということです。

ペットホテル向きの人・ペットシッター向きの人

ペットホテル向きの人

✔ 他の犬やペット過ごすのが好きな愛犬を飼われている人
✔ クレートでの生活に慣れている愛犬を飼われている人
✔ トリミングやシャンプーなど預けている間にいろんなことに対応して欲しい人

ペットシッター向きの人

✔ 愛犬にストレスをできる限り与えたくない人
✔ 急な対応にも対応して欲しい人
✔ 他の犬やペットが苦手な愛犬を飼われている人

ペットホテル・ペットシッターを選ぶときのチェックポイント

ペットホテル・部屋のタイプ(広さや他の犬との距離など)どうなっているのか
・ドッグランの有無や散歩の頻度や時間などが愛犬にあっているのか

・病院との提携があるのか
・動物取扱業の登録がされているのか
・狂犬病・ワクチンの証明を求めてくるのか
ペットシッター・動物取扱業の登録がされているのか
・余計な費用がかからないのか
・利用規約や契約書が整備されているか
・事前に担当シッターによるカウンセリングが行われるのか

・鍵の預かりがしっかりとされているのか
・担当シッターの知識が豊富かどうか
ペットホテル・ペットシッターを選ぶときのチェックポイント
VIVIPAPA
VIVIPAPA

ペットホテルの場合、どのような環境かや散歩の時間などが適切かが選ぶポイントと言えるでしょう。

ペットシッターの場合、個人の方が多いので、問題が起きないようにすることが一番重要だと思います。担当者と会って、契約書がちゃんとしていれば問題ないでしょう。

MAMA
MAMA

ペットシッターは、自宅に来るから、事前のカウンセリングでいろんなこと聞いて

この人に任せてもいいのか判断しとくことが重要なのね。

VIVIPAPA
VIVIPAPA

でも、企業がやっているペットシッターなら、心配ごとも減るので、おすすめです。

特におすすめなのは、「オリーブシッター」です。

おすすめのペットシッター

クレートで過ごすのに慣れている子や他の犬と遊ぶのが好きな子はストレスを感じずにペットホテルで過ごすことが出来るかもしれません。

でも、だれかに面倒を見てもらうなら、安心できるのがいいですよね。

それであればペットシッターがおすすめです。

おすすめペットシッター「オリーブシッタ―」

特に「オリーブシッタ―」なら、ペットシッターでデメリットで上がっていたことも問題なく解決可能です。

オリーブシッターで解決可能なペットシッターのデメリット

・病院と提携しているところが少ないので、緊急時の対応に不安が残る
・鍵を預ける必要があるので、鍵の紛失や貴重品の盗難の心配がある

オリーブシッターなら、動物病院と提携しているので、何かあったら病院に連れて行ってくれます。

また、鍵も「MAMORIO」というGPS付きの紛失防止タグで管理してくれるので安心です。

VIVIPAPA
VIVIPAPA

オリーブシッターはとてもよいサービスだけど、少し料金が高いんだよね。

通常料金もそうだけど、その他の料金として、ハイシーズン料金や深夜・早朝の料金とかがかかっちゃうんだよね。

MAMA
MAMA

そっか、いいところはやっぱり高いんだね。

でも、ちなみにいくらぐらいなの?

VIVIPAPA
VIVIPAPA

1時間5,400円だね。他だと小型犬で、1時間3,000円くらいかな。2頭目は

でも、多頭飼いでも1時間の費用は変わらないから、多頭飼いの人は

安くなる可能性があるんだよ。

MAMA
MAMA

1時間5,000円くらいだったら、1回試してみておくってのもいいかもね。

うちも1回試しに60分シッターしてみようか?

VIVIPAPA
VIVIPAPA

9月31日までなら、60分以上のシッティングを購入したら、初回カウンセリングが無料なんだって。

試しやすいこの機会に、じゃあうちも申し込んでみようよ!!

\  今だけ初回カウンセリングが無料!!  /

ペットホテルとペットシッターの違い : まとめ

ペットシッターの方が少し高いですが、愛犬への負担を考えるとおすすめです。

でも、ペットシッターで一番重要なのが、信頼できる人を見つけることです。

「オリーブシッター」は、まだ、対応エリアがそこまで広くないですが、ワンランク上のペットシッターですので、信頼できます。

\  期間限定 ”無料” キャンペーン中!!   /

タイトルとURLをコピーしました